ピアノのある部屋から

ピアニスト、中添由美子がピアノのこと、教室のレッスンのこと、ロシアのこと、その他日々のいろいろを書き綴ります。

気分転換

 今月に入ってからコロナウィルスの感染者は激増し、トップニュースのほとんどがコロナウィルスのことになっています。特にこの3連休、観光地はかなりの人出のようです。このような場所に出かけて行って経済を回すのが良いのか、家にじっと閉じこもって感染を防ぐのが良いのか、もはや誰もわからないのかも知れません。ニュースやSNS上でどんどんアップされる混雑した観光地の様子も、それに対しての大量の批判的なコメントも毎日目にしているとだんだん気が滅入ってきます。

 

 この連休は私も3連休になりました。昨日は実家の用事があって出かけましたが、今日と明日は家に閉じこもって練習します。年末に予定されているパーヴェル(ネルセシアン)のオンラインレッスンに向けての練習は、コロナ感染者の激増によって教室でも更に対策を考えなくてはならず、かなり予定が狂ってしまいました。背水の陣です。

 

 いろいろな方が書いていますが、どうもあまりニュースを見過ぎるのも良くないようです。コロナ禍が始まってから私も自分の心に余裕がなくなったと感じています。感染対策をどこまでやれば防げるのか誰もわからない、今のような状況の中では上手に気分転換をして、気持ちに余裕を持って生徒さんに接することの大切さを痛感しています。

 具体的に自分は何をするかですが、まずオンラインでのロシア語講座に申し込んで新しいことを始めてみる、そしてあとはお休みの日、家の中をできるだけ快適にして気持ちよく過ごすよう心がけます。

 

 冬至がだんだん近くなって行く今の時期は気持ちの滅入りやすいときでもあります。札幌は3時台ですでに薄暗くなってきます。こんなときは明かりを楽しむのも良いかな、と考えるようになりました。今年我が家は一部の照明を新しくしたので、お気に入りの明かりでも眺めながら心静かに過ごすようにします。

f:id:nakazoey:20201122213259j:plain

 

 

教室の生徒さんへ、緊急のお願い

 このところの新型コロナウィルスの感染者は全国で爆発的な勢いで増加しています。特に北海道、その中でも札幌市は断トツに増加率が高くなっています。最近は学校や職場などさまざまなところで多くの感染者が出ていて、ひたひたとこちらに迫ってくるような恐怖感さえ感じます。教室ではできるだけの感染対策をして生徒さんをお迎えしていますが、それだけでは不充分で、もしも通っている学校や職場の部署などで感染者が出た場合にレッスンをどうするかの指針が必要だと思うようになりました。

 以下の場合にレッスンを後日に振り替えるか、オンラインレッスンに切り替えて下さるよう、お願いいたします。

 

1、通っている学校、幼稚園、職場の部署などで感染者が発生した場合(学校は学年、クラスに関係なく休校期間終了まで)。

2、同居するご家族が感染者、または濃厚接触者になった場合。

3、その他発熱、せきなどの体調の異常がある場合。

 

 既にお月謝を納めたのにレッスンに出席できなかった場合は、その月のお月謝を翌月に振り替えるなどの柔軟な対応をしていきます。

 オンラインレッスンはZoom、FacetimeSkypeのどれかで入って頂けます。オンラインレッスンを考えたいがやり方がわからないという方はいつでもご相談下さい。

 

 皆がコロナに疲れてきている中で厳しい冬を迎えようとしています。どうしたら完全な感染対策ができるのか誰もわからない中で、不安と闘いながらできるだけのことをしていくしかありません。

 多くの情報が錯綜する中、正しい知識を得ながら気持ちを強く持って行かなければ、と思います。

Wi-Fi増強大作戦!(自宅編)

 ロシアに行けなくなった現在も、毎朝のロシア語ニュースは欠かさず続けています。コロナ禍でどこにも習いに行けない今、これはロシア語力維持の命綱になっています。現在、自宅ではWiMAX回線のルーターを外出先と併用で使っているのですが、毎朝1時間の動画のデータ量はかなり多く、夜になると速度制限がかかってしまう状態が続いていました(3日間で10ギガを超えると速度制限がかかります)。

 札幌ではこのところコロナ感染者が激増しています。緊急事態宣言のときはオンラインレッスンはすべてWi-Fiが完備した白石教室で行なっていましたが、この先、オンラインレッスンと対面レッスンが混在することになると、自宅できちんとしたWi-Fi環境が不可欠になってきます。その上、来月からはオンラインでロシア語のレッスンを受けたいと考えていました。

 こんなときは光回線を入れるのが正解なのだろうけど、コロナ禍の今、家に工事が入るのは嫌なので、いろいろ考えた末、ロシア語ニュース用にホームルーターを1台購入することにしました。

 

 ホームルーターはいろいろな種類が出ているようです。工事などもいらず、コンセントにさすだけで使えるらしいので、家に穴を開けられない人(私も家に穴を開けるのが嫌で、今までずっと光回線を入れませんでした)や、引っ越しの多い人などに人気があるようです。どこで買うか、プロバイダをどうするかでいろいろ悩みながら調べた結果、今使っているプロバイダでもう1回線増やすことにしました。

 もう1回線増やすのは新規契約扱いになるのだけど、実際は新規契約よりずっと大変でした。最初の契約をしたときに決めた暗証番号が必要だったのに、不覚にも私はこの番号を紛失してしまい、郵便で東京から送ってもらわなければならなくなりました。これで手続きが1週間遅れ、その上設定をするのはお休みの日しかできないので、更に延びることに…10月下旬に契約したはずだったのに、今日ようやく開通と設定を済ませました。

 

 札幌市郊外の山に近いところなので少し心配でしたが、結果は上々…モバイルルーターより速度が出るようです。これでデータ量を気にしないでロシア語ニュースが見られます。

 ロシアのニュースでもコロナ関連とアメリカ大統領選挙は毎日報じられます。専門用語も多く、アタマが痛くなるほど難しい日も…

 でもせっかく買ったのだから頑張らねば…

発表会のお知らせ、配布開始

 教室では今月5日から発表会(2021年3月14日)のお知らせのお手紙を生徒さんにお渡ししています。このお手紙が完成すると毎年「いよいよだ」という気持ちになって発表会に向けてのスイッチが入ります。

 

 中学生以上の方のほとんどは曲が決定し、現在は小学校高学年以上の生徒さんの選曲に入っています。皆、自分のお気に入りのこだわりの曲を夢中になって探しています。

 何々の曲が弾きたいのだけど楽譜がありますか?

という問い合わせも頻繁に入ります。今年はコロナ禍のため、楽譜はできるだけネットで探すようにしています。今はほとんどの楽譜がネットで手に入るので楽ですが、新譜の場合は中が見られないのでときには迷うこともあります。

 今月下旬から12月にかけてはいよいよ就学前、小学校低学年の人の選曲に入ります。今年デビューの人も何人かいますので、彼らがこの先ずっと「舞台って楽しい」と思えるような選曲をしていきたいと思っています。

 

 準備に気合いの入る昨今ですが、それにしても気になるのは新型コロナウィルスの動向です。札幌ではこのところ気温が急に下がり、それに合わせるようにして感染者が急増しました。今のところレッスンの休講は考えていませんが、この先学校で感染者がどんどん出てくるようであれば考えなければならないかも知れません。

 オンラインレッスン(1回限りでも可能です)は随時受け付けていますので、ご希望の方はご連絡下さい。

 

 レッスンでも発表会でも考えられる限りの感染対策をしていきます。しかし、感染対策を気にし過ぎて心を病まないように気をつけなければなりません。どうか3月に発表会が無事開催できるようにと、今年は祈りながら準備を進めていきます。

リハビリ終了

 今年5月に骨折した左足は先月末、やっとすべてのリハビリが終了しました。ギブスが取れたのが6月15日、リハビリは4ケ月半にも及びました。

 永遠に終わらないのではないかと思うほど長かった…思えばいろいろなことがありました。

 

 骨折したのは人生初めての体験でした。父が整形外科医なので父の仕事を間近で見ていたし、話もよく聞いていたのですが、骨折の療養生活がこれほど大変なものだとは思っていなかったのです。

 怪我をしたあの日から、当たり前に自分でできていたことが何もできなくなったのです。食事の支度は台所に椅子とワゴンを置いていました。お風呂は湯船に入ることはできないので、ギブスをした方の足を大きなゴミ用のビニール袋にくるんでシャワーを浴びていました。札幌の5月はまだ気温が低く、寒さがこたえました。

 一番大変だったのは夜中トイレに起きるとき…我が家は2階建てで寝室は2階、トイレは1階にありました。ベッドから這って何とか階段までたどり着き、階段をお尻をついて降り、階下では松葉杖にすがってトイレへ…築30年の我が家はバリアフリーなどではなくあちこち段差だらけ…トイレに着くまでに膨大な時間がかかり、間に合わなかったことも…

 そのとき感じたのはショックではなく、「身体が動かないということはこういうことなんだ」という諦めでした。そして「これはいつかは治るんだから良いんだ」と思おうとしていました。それでもロシアから帰国してホテルで自主隔離をしていた何人かの友人のSNS等を観て、トイレがすぐそばにあることを羨ましく思うほど私は疲弊しきっていたのです。

 

 6月15日、ギブスが取れてすぐその日からリハビリが始まりました。浅はかにもギブスが取れたらすぐに歩けるものだと思っていた私は、足の機能の回復はほんの少しずつだとわかって茫然…でも再び歩けるようになるにはとにかくリハビリをするしかないとわかって覚悟を決め、黙々と通いました。

 幸いなことに私はリハビリの担当者にとても恵まれました。足の機能の回復だけではなく、精神面でもとても支えて頂きました。骨折したのが足の指だったので、初めはつま先で立つことなど考えただけでも恐ろしかったのに、8月の中旬にはバーにつかまって少しずつ踵を上げることができるようになってきました。心のリハビリもして頂いたと思っています。

 自分で回復が実感できると、リハビリに通うのが少しずつ楽しみになってきました。

 そして10月27日、最後のリハビリの日を迎えました。6月から40回近く通ったと思います。

 教えて頂いた歩行訓練や足のマッサージは今も毎日欠かさず続けています。

 

 札幌は昨日初雪が降りました。やはり寒くなってくると折れたところはとても冷えますが、何とか暖かくして乗り切りたいと思います。

11月の予定

 ついに今年もあと2ヶ月を残すのみとなりました。毎年この時期になると年賀状やおせち料理の広告が目に入ってきます。例年より更に時の流れが速かった今年は季節の変化に気持ちが全くついて行けず、いつもにも増してまごまごしています…

 

 11月の予定をお知らせいたします。

 お休みの日は、

    1日(日)

    3日(火)から4日(水)まで

    8日(日)

   15日(日)

   21日(土)から23日(月)まで

   27日(金)

   29日(日)

です。

 

 発表会(2021年3月14日、札幌芸術の森アートホール、アリーナ)のお知らせのお手紙は、11月5日(木)からお渡しいたします。現在、小学校高学年から中学生の生徒さんが曲選びの真っ最中です。来月に入ると少しずつ小学生以下の生徒さんの選曲にかかって行きます。

 コロナ禍の中でも意欲的に弾きたい曲をピックアップしてくる皆さんに、私はいつもたくさんの元気をもらっています。日本でも海外でも再び感染者が増える傾向にあり、心配は尽きませんが、レッスンでも発表会でもできる限りの感染対策をして、何とか乗り切って行きたいと思っています。

 

オンライン青年交流集会

 昨日、長年お世話になっている日本ユーラシア協会青年部のオンライン交流会に参加しました。春にずっとオンラインでレッスンをしていましたが、集団でのオンライン会議は初めての体験です。他のメンバーに迷惑をかけたら大変だと思い、少々緊張しました。レッスンが会議の開始時間ギリギリまであったので、レッスン前にWiFiとPCを用意してZoomにログインしておきました。

 

 今年はコロナ禍のためすべての行事や集会が中止になってしまったので、本当に久しぶりに全国のメンバーにお会いしました。日本各地を結んでのコロナ禍の中での近況報告の他、ロシア、カザフスタンのゲストからの当地でのコロナ禍での現地の状況の報告もありました。ロシアの様子は毎朝ロシアTVのニュースで見ていますが、その中で様々な工夫をこらしながら何とか活動を続けようとしている様子は世界中どこでも同じです。開始時間に少し遅れてしまったのですべて聞くことができなかったのは残念でした。

 どうせしばらくはロシアに行けないと思うとロシア語のテンションが上がらなくて落ち込むことが多かったのですが、一応話の内容が理解できたので少し安心…パーヴェル(ネルセシアン)のオンラインレッスンに向けてもう少しブラッシュアップしなくてはなりません。

 

 私自身は近況報告として、4月後半から2ヶ月近く教室のすべてのレッスンをオンラインで行なっていたことを話しました。ネルセシアンのオンラインレッスンを受けることについても触れ、自由に海外と行き来できない現在、音楽の世界でもオンラインでのレッスンや審査が盛んに行われていることもつけ加えました。

 

 コロナ禍が始まってからずっとどこへも行かず教室の生徒さんとしかお会いしていなかったので、オンライン上とは言え、協会青年部のメンバーとお会いできたことで大いに刺激になり、また楽しいひとときを過ごしました。

 まだまだ収束しそうにないコロナ禍の中、オンラインをもっと活用して交流を深めていくことが必要だと皆が感じていたようです。昨日は後半の懇親会は出席できなかったのですが、今度は懇親会にも参加してみたいですね。次回がますます楽しみになっています。